So-net無料ブログ作成
検索選択

GS50ワンメイク耐久inSLY レポート1 [レース]

朝早く(3:00集合)から山梨へ。1台清水ICを通り過ぎるといったイベント(?)もあったが、無事現地へ8:00ちょっと前に到着。
既にパドックには数多くの車が停まっており、ターフ等を設営している。
我らの車を停めれそうな場所がほとんどない。むぅ、ちょっと早めに先発隊が出る必要があったか?

ところが困っている我らを見て、場所を開けてくださる参加者がいた。ありがたいなぁ。
全体的にもレース前のピリピリしたような雰囲気はなく、キャンプのような感じである。
負けずに我らもくつろぎスペースを作り出す。

まずは受付。そしてライダーズミーティングとタイスケは順調に流れていく。
オレサマも旗とかは解っても、フルコースコーション時の対応は良くわからないんで、真面目に聞く。
レース初体験のKちゃんが不安そうにオレサマに聞いてくる。
色々と説明したが、最終的には「旗やランプが動いていたら、前のバイクについていけ」
うむ、的確な説明である(爆)。

その後、作戦会議。
第1ライダーにオレサマ。それからエースのUくん。Kちゃん、Tくん、Hくんの順番で走ることに決定。
作戦は「30分毎にライダー交代」「とりあえず燃費走行はしないが、無駄なGSは極力使わない。」といった曖昧なもの。
GS争奪レースに勝てない場合は苦しそうだが、序盤であんまし後ろだと追い上げは難しいとの判断である。

まずは予選。ライダー2人によるコース1周マラソンである。ここで、2位以内ならば、GSをゲットできる。
オレサマが走ろうと思ったが、疲れきって、すぐスタートは辛いのと唯一の30代が無理するな!ってことでUくんとKちゃんに任せる。
結果は4位!
GSゲットは出来なくともいいポジションである。Kちゃん、女の子なのにすげーなぁ。

そしてスタート!
オレサマはなかなかのスタートで3位で飛び出すが、1コーナーにたどり着くまでに4台に抜かれ、7位。
……体重差?もしかして体重差?(涙)
気を取り直して追い上げ開始。けっこう下りのヘアピン進入が甘い人が多く、数週の間に3台をかわして4位に浮上!

この後、ラッキーストライクのツナギを来た人と激しい4位争いを繰り返す。
ストレートで抜かれるが、ヘアピン進入で抜き返すバトル!お互いに得意ポイントが違うため、毎周順位を入れ替える激しいバトルとなる。
「おもしれー!!」
コーナーでマシンを並べてくのは大型バイクでは怖いが、GS50では全然怖くないので、気分はGPライダーのバトルである。
周回遅れが徐々に出てくるが、それもノリノリで抜いていく。こんな気分の良い乗り物は初めてだ(笑)。

必死に走るオレサマ。
サインボードを確認すると「萌」
オレサマの走りに萌え萌えかぁ~と思ったら、次の周には顔文字
単に遊んでいるだけのようだ。

そのうち燃費のことをまったく考えていない自分に気づく(爆)。
とりあえず、後ろから追い上げてくるバイクもないので、5位キープの燃費走行に切り替える。
まぁ、タイムもそれほど落としたくないので、急坂の二ヶ所のみクラッチを握って、
アイドリング走行でクリアするだけだが、地道に燃費を稼がないとこのレースは辛いはずである。

つづく…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。