So-net無料ブログ作成

GS50ワンメイク耐久inSLY レポート2 [レース]

やがて上位陣のピットインが続き、3位で俺もピットイン。
Uくんにバトンタッチする。
そのUくん。3週目からは常に1分を切るハイペースで追い上げる。
あいかわらずセンス良いなぁ。
ただ最終コーナーを速度を殺さず、最初から最後までヒザをすりっぱなしで走るスタイルはただの「小僧」である(笑)。
その活躍もあったおかげで、1時間経過後の順位は2位。予想以上に良いポジションである。
しかも彼は燃費も考えて、4速のみで走っていたそうである。むぅ、やるなぁ。

Kちゃんに代わってすぐにフルコースコーションになる。大事なGSゲットイベントである。
種目は「スイカ早食い競争」
我がチームからはHくんを選出。最初から種目が解っていれば、大食いのUくん&Kちゃんを使ったのにとも考えたが、Hくんが大活躍!
すさまじい早食いで見事優勝!GSを0.3Lゲットしたのであった。
体重50kgを切るあの身体の何処に入ったのか?謎である。

引き続き、Kちゃんが走る。彼女も数週も走らないうちにすぐに1分0~2秒台でラップし始める。初レースのはずだよなぁ……。

そしてTくんに交代。
Tくんは無難にいくかな?と思いきや、やはり数週で1分0~2秒近辺でラップ。みんな初レースとは思えない速さである。

そしてスイカで活躍した最終ライダーのHくん。
彼も速い!ずっと1分を切るペースでラップしている。
レース初体験のはずだが、軽量を活かし、ストレートでガンガン抜きにかかっている。

しかし、きっちり2位をキープしているその時に事件は起こった!
ガス欠である。
まぁ、他のチームも既にけっこう予備タンクに切り替えたという話は聞いていたので、トップグループにしては燃費はかなり良い方であるはずだが、なかなかエンジンがかからず、けっこうなタイムロスが発生してしまった。

そして、Hくんの走行時間が終わる頃に再びフルコースコーション。
次のGSゲットイベントである。
種目は「借り物競争」
これにTくんが参戦するも残念ながらクジが「スカ」
こればかりはしょうがないね。
この辺になるとガス欠したチームが多く、イベントに対する姿勢が皆マジになってきている様子だった。

ここでケンツさんから救済措置。
0.5LのGSの追加が行われた。
流石にガス欠車ばかりだとレースも盛りあがりに欠けちゃうしね。

ここで燃料タンク内を覗いて、残り燃料のチェック(普段は封印されている為、タンク内を覗くことはできない)。
予想以上にけっこう残っているようだ。

次はオレの番なのだが、走っている間に残燃料と残り時間からどれくらい全開で走れるかをピットで計算して貰い、自分は燃費走行をしようと考える。

登りは4速全開。下りはクラッチを切ってアイドリングといった燃費走行を数周続けていると……、サインボードに「GO!」のサイン。
「え?もう全開走行をしても大丈夫なの?」
俺だけでも燃費走行しないといけないと考えていただけに、疑ってまだ燃費走行を続ける。
ホームストレートに戻ってくると、またも「GO!」のサインを振っている。
「本当にいいのか?」と疑いながら、もう一周燃費走行。
まだ「GO!」のサインが振られている。

やっとピットサインを信じて、残り時間は全開走行!
他のバイクを気持ちよく抜き去り、クリアラップでは57秒台で走行する。
実は1回目の走行でベストラップがUくんに負けてたから、ちょい悔しかったのだ。
何とか57秒中盤が出たのに満足。
最終コーナー。目の前のバイクをアウト側から一気に交わそうとした所、前のバイクがハイサイド。
俺に向かってマシンが飛んできたのをアウト側の壁へ数センチまで外へ膨らんで交わす。
GS50でもハイサイドできるんだなぁ~と妙に感心したのであった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。