So-net無料ブログ作成
検索選択

wasabi cup! [ALT]

本日はwasabi cupのオープン戦ってことで今年初のALTへ。

本日のエントリーリストは、
wasabi cup主催者のwasabiさん(996SP)。
遠州三河○走連合の切り込み隊長、雅さん(916Bip)。
今回遠征して下さった初参加のmatyさん(999R)。
オレサマことなべ(748SP)。
以上、4台である。



wasabiさん、雅さんとオレサマは去年、ランキング0.05秒差の争いをしている関係。
matyさんはALTは初走行だが、先日FISCOで行われたMAX10の第1戦、SuperMaxクラスのウイナーである。
オープン戦とはいえ、高レベルな争いが予想されるのであった。

そしてサーキットを見回すとぷちとまサーキット部の皆様を発見!
blog上や滅入るマンさんの掲示板で交流のある方々だが、お会いするのは初めてである。
いつかは・・・と思っていた願いが適って嬉しいのであった。

さらに滅入るマンさんも登場。
うっかりバイクを忘れてきたようで(違う)見学。
ぜひエアギターならぬエアバイクで29秒台を出して下さい。

走行開始。
まずは感触を取り戻すべく、とにかく走りこみ。
無理ないペースで徐々に33秒を切れるくらいになってきたトコで雅さんに軽くチギられる。
あれ?Newタイヤだから半分くらいは大人しく走るとか言ってなかったか?
タイムを見ると既に31秒台
どうやらあの台詞は牽制だったらしい(笑)。

休憩中にmatyさんの走行も観察。
ALT初走行で苦労してると思いきや彼も早い段階で31秒台に突入。しかもコンスタント。
・・・奴らはおかしい!(誉め言葉)

気を取り直して再度走行。
当初、今日の目標は32秒台で走れればOKくらいの気分だったのだが、31秒台に変更である。

で、タイムアップにかかせないのがストーキング
幸い今日のメンバーは非常にレベルが高いんで、ストーキング目標にはことかかない。
まずはゴートさんに狙いを定めるが、ちょうどピットインしてしまった。

次にポッキーさん相手にストーキング。
ペース的にも32秒前半であり、目標タイムにもちょうど良い。
ストーキングするならやっぱ女性だよな・・・といったスケベ根性は内緒である。

彼女はALT常連組だけあって、ライン取りがとても参考になる。
特に最終コーナーはミドルーインーアウトでクルッと素早く向き変えをして立ち上がる。
オレサマもそのラインを真似ようとしたが、同じようにバイクの向きは変わらず、立ち上がりが遅れる。
従来のアウトーインーアウトでもオレサマの方が遅い。この辺りがオレサマのウィークポイントらしい。
反面、2コーナー立ち上がりから3コーナー進入まではこちらの方が速いようだ。
この辺りの優位性を維持しながら、欠点を克服することが必要だな。

・・・とか考えていると後方にwasabiさんが迫ってくるのを発見。
これは3車バトルか?と思っていたが、ボチボチ体力的に限界が迫ってきたので数周走って、残念ながらピットイン。無理して転倒しちゃいけないしね。
・・・とはいえ前を走っていたポッキーさんは俺よりずっと前から走っていたはず・・・自分の体力の無さが情けない(涙)。

っていうか今回のducati軍団全員がコース上よりも休憩時間の方が長かったような・・・。
そりゃducati同士でなかなか絡めないはずである(苦笑)。

最後に今までの総決算をするべくタイムアタック。
ラスト2周に31秒台を出してギリギリながらも目標達成である。



ベストタイムは31.957
自己ベストのコンマ1秒落ちだからとりあえず満足・・・のはずだが。

雅さんmatyさん30秒台!

・・・wasabiさんと二人、決して悪くないタイムのはずながらも素直に喜べないのであった。

走行後はみんなで雑談。
この時間がとても貴重で大好きである。

そして帰宅後。
汚い話で申し訳ないが、急激に胃が気持ち悪くなり、吐いてしまった。
微熱もあったんで、PCも起動せずに就寝。
昼に食べた物が悪かったのだろうか?
それともオヤジが無理して走ったから疲れ過ぎたのか?(涙)


参考リンク

wasabiさん
matyさん
yasuさん
メロンさん
ゴートさん
ポッキーさん
滅入るマンさん


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

ALT 10thチャレンジ [ALT]

記念すべきALT10回目の走行は平日のコソ練である。
サーキット初心者のKさん@GSX-R600K6もお誘いして、二人での参加。

現地に着くと…おっ!他にバイクはいない。
狙い通りである。

走行時間の30分前を過ぎても他のバイクは来ない。
なんと2人だけで貸切走行状態となったのであった。


ピットもこんなに広々。

オレサマは早速コースイン。

最初は身体とマシンを慣らし、徐々にタイムを上げ…上げ…上がらない
32秒台まではすぐに上がったのだが、そこから全然タイムが上がらないのであった。

途中でKさんを数周だけリードしたりはしたが、基本的に殆どの周がクリアでのタイムアタックだったのだが・・・。

ベストタイムは32.304。……前回より落ちてるぞ、ヲイ(涙)。
こいつは予想外 by softbankである。

やっぱ誰かをストーキングしないとベストタイムを出せないのか?
ってことは真の実力がこの辺ってことか……(苦笑)。

いやいや、前夜の飲み会がいけなかった。
実は2日酔いだったってことにしておこう(言い訳のでっちあげ)

まぁ、今回はKさんが楽しんでくれた様子なんで、それでヨシとするのであった。

……っていうかしてくれ!


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ALT 9thチャレンジ [ALT]

またもDucatiの集団でALTに行ってきた。
第2回Wasabi cupである。

オレサマの目標は31秒台に返り咲くこと!
その為にNEWタイヤ「BT-002Street」に交換したと言っても過言ではないのである。

今回も自走で行ったんで、道中で皮むきは出来ていると思うが、数周は様子見。
あまり接地感が感じられないのが気になるが、おそるおそるペースアップを試みる。

ふむ、2コーナーで早めにアクセルを開けてもタイヤはきっちりグリップしている様子。
最終コーナーでマシンが倒れているのを承知でアクセル全開をかました時だけは少しスライドしたが、全然転倒するようなレベルではない。

やはり問題はタイヤではなく乗り手である(爆)。

まず1-2コーナーを一つのコーナーのような曲がり方をしたいのだけど、うまくいかない。
1コーナーのブレーキで失速させすぎている為か2コーナーに向けて加速する余裕がある。
そして2コーナー手前でマシンを起こし、ブレーキしてまた倒す。
・・・そんな感じである。

2コーナーも向きが変わるのが遅く、3コーナーまでの全開区間をうまくとれていない感じだ。

反面、4-5の下りから最終コーナーまでは良いリズムで走れた時が何度かあった。
すると最終コーナーで向きを変えやすく、ストレートでの立ち上がりも楽になるんで、リスクも少なくタイムを稼げそうだ。
これはモノにしないといけないな。

wasabiさんに撮って頂いた写真
この場を借りて、改めてありがとうございます!!
自分の走行写真ってあんましないんで、撮ってもらえると本当に嬉しいのだ。


5コーナー立ち上がり。
ここはアクセルを開けたいんで、もう少しマシンを起こしていたい。

でもフォーム的には気にいっている♪


6コーナー。
ここでミドル→イン→インなラインでいけると最終が楽になる。

まぁ、そんな感じで走行終了。
何本かはいい感じで走れたんで31秒に入ったかな?と思っていたが・・・。
ベストタイムは32.109
一度閉じた32秒の扉を開くのは予想以上に重そうである・・・。

まぁ、この辺りが現在の実力ですね。

第2回Wasabi CUPのトップはwasabiさん
タイムは31.824
今回はカメラマンをしながらの走行だったのにベスト更新!
俺の自己ベストも抜かれちゃいました。
次回はストーキングしてやる!!(笑)

第1回の優勝者で今回は惜しくも2番手の雅さんもタイム差がコンマ1秒以内と実力は伯仲している。
あのボロボロのフロントタイヤで出したタイムと考えると・・・次回が恐ろしい。

yasuさんは今回は計測器なしで練習に徹していた。
最終戦での活躍なるか?!

しかし、ここ1年のミニバイク修行でレベルアップしたと思っていたんだが・・・現実は甘くないなぁ。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

昔話 [ALT]

今は748でALTに行っているが、5年程前はMR2で走ってたオレサマである。
懐かしい写真が出てきたんで、ちょっと公開。


1コーナー侵入


3コーナー


4-5コーナー(改修前)


最終コーナー

当時は1コーナー立ち上がりでよくスピンしてた(苦笑)。
ミッドシップはリヤを軽く流す程度なら大丈夫だけど、ミスって大きく流しちゃうと制御が効かないんだよなぁ。

当時はツナギも無かった(注:正確には太って昔のが着れなかった)し、748を転ばしたら大変!ってことでバイクでは走らなかったのだけど……。

まさか30歳を過ぎてから再び復活。
しかもバイクでALTを走りだすとは考えもしなかったなぁ(笑)。


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ALT 8thチャレンジ [ALT]

久しぶりにALTに行ってきた。
去年一緒に走ったことのあるomizoさんのHPに集まったDUCATI仲間でALTに行くとのことだったので、参加させてもらったのである。

今年2回目のALT。前回がGWだったから、けっこう久しぶり。

タイヤも前回のまま。既に終わったと思われるDIABLO CORSAである。
まぁ、まだ溝はあるんで大丈夫か?


DUCATI CUP?

今回集まったDUCATI達。
前足(フロントフォーク)が金色(OHLINS)じゃないのはオレサマだけ?
カーボンカウルな方も何人か・・・。
・・・流石はダメなオヤジ共の集まりである。

走行台数は18台とフルグリッド。
前回の21台に比べればマシかと思ったが、全体的にペースが遅い感じでクリアラップが取りづらい。

それよりもオレサマ自身が全然乗れていない。
先週、ミニバイクでコケまくったが故の恐怖感もあった気がするが、どうもタイヤの接地感が希薄な気がするのである。
そうなると倒しこみもおそるおそるだし、アクセルを開けるのも遅くなって全然スピードが伸びないのであった。

それでも32秒台で走っているつもりだったのだが、終わってみたらベストタイムが32.923。自己ベストから1秒以上遅いタイムである。

今のタイヤでも平均32秒台ペースはいけると思われるので、原因は俺がヘタレなせいであろう。

次回はもう少しマシなペースで走れるようにガンバるぞ!
安全マージンは削れないけど(^^;。


もしこれで将棋倒しをしたら、修理代はいくらになるのだろう(爆)


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ALT 7thチャレンジ [ALT]

友人に誘われ、久しぶりにALTに行くことになった。

どれくらい久しぶりか調べてみると、前回が2005年10月9日だから、約7ヶ月ぶり。
さらに748に乗るのも今年2回目(苦笑)。
これはリハビリが必要なのは間違いなさそうである。

ちなみに同行者はUくん@YZF-R1、Nくん@FZS1000 FAZER、Fくん@CBR600RRの4名。
本日はバイクデーとのことで、普段の50分ではなく、3時間パック(50分×3回)である。
体力的に50分でお腹いっぱいなのだが、今日はリハビリってことでとにかく走り込むとしよう。

ALTに到着後、目を疑った。


こんなでっかいトランポが2台も停まっている。
さらに言えば写真に写っているCRF450は2005年のMOTO1チャンピオンマシン!

他にもモタードレーサーやら、バリバリのST600マシンがたくさん。

ここは鈴鹿のパドックか?
普段のALTでは見れない光景に早くもクラクラのオレサマ。

しかも走行台数は21台もいるらしい。
1周30秒程の狭いサーキットに21台のバイク・・・クリアラップが簡単にとれないことは容易に想像できるぞ。

走行中の写真。こんな渋滞がすぐ出来てしまうのだ。

走行開始。
久しぶりにコースを思い出しながら走る。
しかし、のんびり走っていると凄い勢いで抜かれるんで、タイヤが暖まった頃にペースを上げる。
とりあえず、33秒台はあっさり出た。
しかし、今日のレベルだと、33秒台ペースで走っていると何度も抜かれる。
周りに引っ張られるように32秒台ペースに上げてしばらく走行。
しかし、左コーナーでサイドスタンドをどんどん削ってしまうので、出来るだけバンク角に頼らないように走ろうとするが、なかなかうまくいかない。

1本目の走行終了後のサイドスタンドはこんな感じである。


2本目の走行開始前にリアのプリロードを締めてみる。これでサイドスタンドも接地しにくくなるはずだ。
・・・ってそんなことをしていると急に雨が降り出し、コースはウエットに。

オレサマ、先日つま恋での転倒が頭に浮かぶんで、雨は走らない(苦笑)。

雨が上がって路面が乾き始めると同時に再びタイムアタック
そこそこ速いST600マシンの後をストーキングして、自己ベストタイム31.864を更新。

しかし、調子が出てきたとこでタイムアップとなる。残念。

3本目。
流石に体力的にキツくなってきた。
32~33秒で周回を重ねる。
途中、CRF450にアウトからあっさり抜かれる。奴らおかしいよ(涙)。

そんな感じで終了。
0.1秒といえどもベストタイム更新である。
7ヶ月ぶり、台数も多い、タイヤも距離こそ2000kmちょっとだが、ALTを4本と鈴鹿を2本とその内容は濃く、美味しい部分は既にない状態。
それで、このタイムは満足すぎる結果である。
ミニバイク修行の成果も少しはあるのかな?

しかし、今回ALT初走行のNくん@FZS1000 FAZERのベストタイムは32.3
しかも最初の一本目に出したタイムである。
バンク角の少ないFZSであっさりとこのタイム・・・末恐ろしいなぁ。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ALT 6thチャレンジ [ALT]

昨晩。友人達とお茶しているとALTに行く話になった。
オレサマはサッカーの試合で行かない予定だったのだが、我慢できずにサッカーの試合後に急いで行くことにしたのであった。
ちなみにサッカーの試合はFWで後半のみ出場。
現在リーグ首位のチームに2-0で勝ったのだが、オレサマは2点とも絡めず、シュートも0
何も活躍できなかったことは内緒である。
とはいえ、オヤジが全力ダッシュを何本もしたのだから、身体はダルい。
バイクに跨るだけでも「よっこらせ」ってな状態でALTへ向かったのであった。

本日の参加メンバーはUくん@YZF-R1、Mさん@GSX-R750、Nくん@CBR929RRである。
Uくんは3回目。後の二人は初めてのALTである。

本日の走行は11台。雨が降りそうな天気にしては台数が多いかな。
トランポ率が高く、中型レーサーが多かった。

軽く数周走って、ピットイン。
本日はカメラ持参なので、しばらくカメラマンをする。
2コーナーでカメラを構えていたが、なかなかうまく写せない。
みんなよくキレイに写せるなぁ。

今日は全体的にはそんなに速くない。33秒ぐらいの人が多い感じである。
中型が多いので、最終コーナーでくっついていればストレートでリスクなくかわせるんで問題ない。
ただみんな休憩少なめで走っているようで、クリアラップはなかなかとれない状況であった。

その中に妙に速いTRXが一台。
スリック履いて、30秒台で走っていたので、きっとあれがランキングの人と思われる。
一回だけ後についたが、他のバイクに絡んだ為、少ししか見ることが出来なかった。
同じツインだし、参考にしたかったなぁ。

最後にタイムアタック。
ストレート一本分離れていたUくんを追いかけながら走る。やっぱ一人で走るより、目標があった方が走りやすいのは間違いない。
数周したとこで、3コーナー立ち上がりで軽くリアが流れ出したので、そこでビビリミッターが効いて、本日は終了。

タイムは31.982!

6回目にして、ついに31秒台突入である。
お陰で外車ランキングも5位から4位に浮上。

Uくんは32.3。MさんとNくんは35秒前半とみんな良い感じじゃないかと思う。
きっとUくんには次回抜かれるな(苦笑)。

今日はサイドスタンドをよく擦った。
次回までにリアのプリロードを締めないとスタンドが無くなりそうだ(涙)。

タイヤも交換後2000km突破。ALT4回、鈴鹿1回と走っているだけに美味しいところは既にない。
とはいえ、お金がないんで、今年中はこれでもたせる予定である。
タイムは出せなくても練習には十分。
ALTに初めていった時に履いていた5000km以上走って、2年経ったツーリングタイヤ(DIABLO)に比べれば、今のタイヤはまだまだ安心感は格段に上だしね(笑)。


ALT 5thチャレンジ [ALT]

二ヶ月ぶりにALTに行ってきた。
本日の午前中は何と2名だけ。オレサマとモタードの人がいるだけである。

空いているALTでのびのびと走行。
最初は久しぶりってことで軽く流す。
人数が少ないとタイムボードも見やすいのだが、34秒程度しか出ていない。
……流しペースとはいえ、悪すぎである。
あれれ?前回だと流していても33秒前半が見えていたのになぁ。

ちょっと気合を入れると33秒には入るが、たまにしか32秒が見えない。むぅ。

終盤になってやっと32秒台が連発してきて、サイドスタンドが当たり始めたトコで終了。
結果は32.270
5回目にして、ついにタイム更新がSTOPである(涙)。
前回はそんなに無理せずに32.1を出したから、今回は31秒台と思っていたのだが、現実は甘くないようである。

鈍った腕を取り戻す為に早いうちに行きたい所だが、今晩から748SPは車検の為ショップに預けてきたのであった。
しかも、10/26に再び鈴鹿(東コース)の走行会があるので、直前では絶対に転倒したくはない。

車検から戻ってきたら、早めに再チャレンジだ!!


ALTチャレンジ? [ALT]

9/23(金)に久しぶりにALTへチャレンジしに行こうと計画中。
前回からけっこう間が空いてしまったが、31秒台目指してガンバろっと!

ALTは初心者でも走れるか? [ALT]

最近、友人にも聞かれたし、ネット上でも良く「サーキットはまだ怖いから、峠で練習してからにします。」といったことを聞く。

しかし、オレサマは「練習こそサーキットで!!」と考える人である。

まぁ、普通の峠道を制限速度+アルファ程度で流して走る程度の練習なら、公道でも良いと思うが、ちょっとでもスポーツ走行をしようと思うのならば、サーキットの方が効率が良いと思う。

第一に「安全!」
一番重要である。転んだ場合、エスケープゾーンがなく対向車もいる公道で転ぶと命を落とす可能性が高い。また、バイクもガードレールに刺さったり、落ちたりと普通のスリップダウンでも廃車コースになる可能性が高い。

第二に「進歩がわかりやすい」
タイムという世界で一番正確な審判で自分の進歩が解ります。
峠だとで誰それについていけたとかの曖昧な判断基準しかなく、進歩の度合いが見えずらい。

第三に「免許に傷がつかない!」
警察に捕まる心配もないので、免停や罰金の心配がない。


ただし、もちろんネックもある。
サーキットが遠かったり、値段が高かったりと立地や金銭面の問題は小さなものではない。
だからこそ、近くにサーキットがあるならば、サーキットを楽しむべきだと思う。
それが値段が安くライセンスもいらないミニサーキットなら尚更である。

また、練習は本格的なサーキットよりもミニサーキットの方が優れていると思う。
・値段が安い。数多く行ける。
・スピードレンジが低い。転倒時の危険性が格段に減る。
コーナーの数が少ないからこそ自分のコーナーリングを徹底的に研究できる。

で、初心者の方が一番気にする所。
「下手な自分が走っていると邪魔にならないだろうか?」
これは大丈夫と思う。うまい人は勝手に抜いてくれる(^^;。
まぁ、ストレートで数周に一回後を確認する程度で充分じゃないかと。
それよりはピットアウト直前直後を気をつける方が重要と思う。

昔、自分がどうだったかと考えると……。
初めてまともにバイクの乗ったのはモトクロッサー。河川敷でクラッチの使い方やギヤチェンジの使い方を覚え、ちょっとオーバルを走った後にすぐコースイン。

ジャンプスポットを飛べるはずもなく、ジャンプ台をなめるように走った記憶が……。
ただ、まだ17歳の頃。みんなが飛んでいるのを見てると飛べない自分が恥ずかしくなり、何度かチャレンジした結果、すぐに多少は飛べるようになった。

ロードもミニバイクは公道をまともに走ることなくレーサーにして、コースオンリーで練習。

お陰で公道ではそれなりに限界領域を知ってから走っていたので、(公道は)無転倒でいれたと思うのである。

結論としては、理想はちょっとバイクの乗り方が解った時点で、転んでも良い練習用バイク(もちろんトランポで輸送)を使い、サーキットで練習。

しかし、そんな理想通りにいけるのは数少ない人と思えるので、とりあえす自分の乗っているバイクで一回はサーキットにチャレンジするのが良いんじゃないかと思う。
大丈夫!サーキットに来てるのは親切で良い人が多いです。……たぶん。


あ、ツーリングでのんびり走る以上のことを求めないのであれば、わざわざサーキットを走る必要はないと思っている。(経験だけでもあった方が良いのはもちろんだが…)


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。